在宅ワークをしながら主婦業をうまく乗り切るために必要なコツとは?

在宅で仕事をするというと、よく挙げられるのが孤独になるということです。

在宅ワークは、通勤もなく人間関係の煩わしさがないですから、ある意味快適ではあります。

ただ、仕事を請け負う以上責任が伴うのと、誰とも喋らず一人で作業しますから孤独を感じるというのはあるかも知れませんね。

そんな在宅ワークに伴う悩み、メリット・デメリットについてまとめてみました。

いい面もあれば悪い面もある?在宅ワークのメリット・デメリット

メリット

 

・通勤や人間関係のトラブルがない

・納期さえ守れば時間が自由

・洋服や靴などを仕事に合わせて購入する必要がない

 

デメリット

・在宅なため仕事とプライベートが分けにくい

・孤独になりがち

・会社員のような保証がない

それぞれにメリットデメリットがあります。

在宅で一番大変なのは、やはり仕事を任された以上納期を守らなければなりません。

会社員の場合は体調が悪いなどの理由で、仕事を欠勤することも許されますが、フリーランスなどで働く人の場合はそれが致命傷になってしまうこともあるので、ある意味万全をもって臨む必要はありますね。

在宅ワークの悩みってどんな感じ?

在宅ワーカーにも悩みがあります。

在宅ワーカーは子育て中のママが多いかも知れませんが、専業パパ、若しくは介護中の人もおられると思います。

そんな忙しい中、仕事の時間をとるというのは、かなり難しいのではと思います。

例えば会社に行ってしまえば、もう仕事以外で手間取ることはありませんが、在宅である以上子どもが熱を出した。諸々の家事、介護にまつわる諸々の事情。

理解のあるクライアントもいるかも知れませんが、基本仕事である以上わきまえないとその後の仕事にも支障が生じます。

在宅ワークを継続する基本は時間を決めて、仕事以外の情報をシャットアウトする

これは私も経験済ですが、在宅ワークをしているとどうしても日常の事が気になり、仕事モードに切り替えられない時がありました。

例えば、床の汚れが気になってしまう。あれを先にやってしまった方が楽なのではないか等です。

結局やり終わってから仕事に手を付けたために、仕事する時間が短縮してしまったなんて事もありました。

こうなってしまっては本末転倒ですよね。

そこで、仕事の時間を何時からと決めて、その間はそれ以外の情報をシャットアウトして気にしないようにしました。

気になった家事は週末交代しながらやる。多少の事には目をつぶるなど。

実際在宅ワークをしている主婦の人はそのように工夫してやられているみたいです。

★子供を保育園に預けてる間、集中して仕事をする

★ご主人が休みの日に預けて、その間仕事をする

★子供が興味をもったら、自分のしている仕事を見せる

★ぐずられてしまって、どうしようもない時は仕事を中断して時間をずらす

★介護中で大変な人は外部に助けを借りる

みなさん、それぞれ工夫して仕事をこなしているみたいですね。

在宅ワークの仕事をどこで探す?

在宅ワークという言葉が言われて久しいですが、自分自身でクライアントを探すのは結構大変です。

そこで発注者と受注者とを橋渡しするクラウドソーシングサービスを使えば、すぐに仕事を開始する事ができます。

代表的なのがクラウドワークス、ランサーズ、主婦に特化したママワークスなどがあります。

クラウドワークス

は、応募してすぐ開始できるタスク型の仕事から、双方の条件が合致したプロジェクト型、作品などの公募を募るコンペ型などがあります。

クラウドワークスの仕事は、初心者向けのタスク型から専門性の高いコンペ型まで幅広く取り扱っています。

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

案件を沢山こなし、クライアントから認められるとプロクラウドワーカーと認定され、より仕事の幅が広がるなどチャンスがありますで、興味のある人はぜひ応募してみましょう。



ランサーズ

ランサーズは、クラウドワークスより創業が古いですが、クライアント数や案件数が業界一と言われており、

その分案件が豊富なのと仕事を選びやすいという点があると思います。

ランサーズ

タスク型、プロジェクト型、コンペ型など手数料など手数料含めた仕事の流れはほぼ共通です。

ランサーズもクラウドワークスもスカウトのシステムを利用しており、受注者側のスキルが高いとスカウトで仕事を請け負う事が出来るようになっています。

手数料は受注金額により、5~20%がひかれるようになっています。

ランサーズは受注者の経歴やスキルなどかなり詳細に記載した方が、仕事を受注する機会が増えそうです。

ランサーズのサイトを見ても、報酬額は割増の1.5倍になる事もあるそうですから、プロフィールが大切というのもわかる話ですね。



ママワークス

主婦目線の仕事が多いと評判のママワークスは、案件ごとの報酬体系もありますが時給制など雇用制に近い形態になっているものもあり、収入的にも外で働くのとさほど変わらなくなってきています。

仕事は多岐にわたり、テレホンアポインターやライティングの仕事、イラストレーターやCADデザイン、グラフィックデザイナーなど専門性の高い仕事まであります。

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス
クラウドソーシングの話でも出ましたが、ママワークスでもプロフィールはなるべく詳細に記載した方が良いです。

こちらもクライアントからスカウトメールが来る事もあり、内容によっては有利に進む場合もありますので、面倒くさがらずに記載しましょう。

あと応募して面接した人はAmazonギフト券🎁が貰えますので、忘れずに応募しましょう!


いかがでしたでしょうか?

難易度が高い案件もあるかも知れませんが、最初はまずプロフィールを充実させましょう。

まずは初心者向けの案件から開始するなどして、ぜひ応募してみてくださいね。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)