爆発しそうな育児ストレスを発散させるためにやれる事は、快適に感じることに没頭する

毎日振り回される育児ストレスって相当なものです。

人によってストレスの受け止め方が違うと思いますが、我が家も相当大変でした。

子育てがある程度落ち着くのは小学生になってからと言いますが、確かに幼児のようなイヤイヤ~!ギャンギャン泣いたりすることもなくなってくるので、そういった意味では負担は減りますが、違った意味での大変さが加わります。

有名ブロガーさんの投稿を読んで頷けたこと、またはあれ、そうなんだ?と思ったことをまとめてみましたので、お時間ある方は読んでみてください。

◆2、3歳の頃は自己中心的だったので、よく衝突した

 

 

我が家のことで言えば息子は個性的な性格だったせいか、毎日のように感情の起伏がありました。

いや、カリカリ・・していました(^^)

例えば、毎日朝起きて手を洗って口をゆすいでね。と言ってもやらない、朝起きてから機嫌が悪いのか言うことをきかない。(小学生になった今でも言わないとやらない。)

平日お互い忙しいので、週末に主人と話し合っているいるだけでも、二人で話してばかりいる!と癇癪をおこす。

電車に乗っている時に危ないから手を繋ごうと思っても、自分で立っているからいい!と言って頑固に一人で立つ。←(まだ3歳)

書ききれない程いろいろありますが、あまりの頑固さに手を焼いていました。

身内や周囲のヘルプもあってここまで来ましたが、お母さんを一人にしてしまうと泥沼にはまってしまうので、育児は本当完璧を求めないのが一番だと実感しました。

◆母親を育児から離すというのは賛成だけど、一緒にお出かけしてしまうのもストレス解消になる

子育てブログや巷に溢れる情報を見ていると、育児ノイローゼで疲弊しているママさんを拝見したりします。

我が子でも閉鎖された空間で子供と朝から晩まで一緒って、何か具合が悪くなってしまいそうですよね。

「主夫の日々」ブロガーの河内瞬さんは、休日に夫が一人で子供の面倒を見ることが母親のストレス解消に役立つと説いています。

母親が育児ストレスを溜めないために父親がやるべきこと。それは1にも2にも母親を育児から離すことである。つまり母親と子供が離れる時間を作る…閉鎖空間から出る時間をつくること。家にいては結局どこかで緊張状態が続くためだ。

主夫の日々より引用

「うんうん、そうそう!」と私も思いました。

でも私の場合ですが、本当に用事のある時例えば美容院に行くや、週末限定のイベントや平日どうしても行けない場合のみ一人で出かけたのですが、気になって早く帰りたくなってしまったことも多々ありました。

前回ブログにも書いたのですが、平日育児していると確かにすごいストレスが溜まります。

なので、私の場合は平日でも子供と一緒によくお出かけしました。

◆私の育児ストレス解消法は全部一人で抱え込まない!他人に任せられるならお願いしよう

子育てをしているママさんがストレスを溜め込まないためにはどうすれば良いのか?

それはストレスが爆発する前に他人に子育ての時間を預ける事で解消します。

・近くの保育園に預けて自分の時間を作る

・友達とちょっと高級なランチを食べに行く

・エステやマッサージを受ける

・休日に旦那に預ける

・ウオーキングなどのリズム運動をする

・平日に子供と敢えてちょっと都会に行く

私がよく実践していたのは、平日に子どもと一緒にお出かけをするです。

これって、歩くことで運動不足の解消やリズム運動の影響で、脳内のセロトニンが分泌されるので結構一石二鳥だと思いました!

セロトニンについての記載はこちら↓

実はセロトニンは上記以外にゆっくりとした動作で、何かを行うことや繰り返しのリズム運動などで効果的に活性化されることが分かっています。

セロトニン神経の活性化には、単純な動きを繰り返すことが必要なのです。ですから、激しい運動をしても、難しい動きをしても、セロトニン神経の活性化には効果がないのです。

Rhythm あなたにちょうどいい、リズム。より引用

つまり、ウオーキングや無心で何かに没頭したり、瞑想やエステでマッサージを受ける・・などは、セロトニンを増加させストレス解消にぴったりなんですね。

私も、育児中にマッサージやお出かけをすることで、かなリストレス解消になったような気がします。

ご主人から普段家事や育児もがんばっているんだから・・という名目でエステに行ってみるというのも効果がありますね(^^♪

◆幼い時代は二度と帰ってこないから、折角なら家族で楽しい思い出をつくる

ここまで書いてきましたが、振り返ると家族でいろんな場所へたくさん出かけました。

私の姉も言っていましたが、家族でお出かけするのって小さいうちだけなんですよね。

小学高学年や中学生になれば、受験や友達との方が良かったり、家族と一緒に旅行する機会もグッと減ります。

だからこそ、家族でどこか遠出することでお互いの関係を深めることも大切ではないでしょうか。

そう、イヤイヤがあったり、腹立つことがあったり憎らしくなったりしますが、まだ生まれて数年しか生きていないので仕方ないことです。

我が家も先日、洗濯物を干そうと思ったら、???何やら金箔?がたくさん洗濯物についていて、それをガムテープで取りながら通常30分もかからない物干しが、1時間以上も時間をかけて干すことに・・・( ゚Д゚)

これ以外にティッシュもバラバラになって床に散らばるという現象もよく起きます。

考え出したらキリがないのですが、以上は私が実際にやってきて感じたこと、ストレス解消に役立ったことなどをまとめて書いています。

ご参考になりましたら幸いです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)