高齢者と小学生が自転車衝突しないための【必要で簡単な対策】

自転車事故にあって、亡くなったりまたは賠償額が高額で自己破産したりと、自転車でも使い方を一歩間違えると大変なことになります。

平坦な住宅街や地形によっては、自転車で通行する人が多いほど事故にあう確率も高くなりますし我が家の住んでいる街も、自転車走行が多く大人だけでなく子供も多いので、自転車とすれ違う時はつも気を遣います。

そんな中でも特に危ないと思ったのは、子どもや高齢者の方の運転で、なぜか同じ方向に寄ったり向きを変えるのが遅いなと感じることもありました。

近年注目されている高齢者の自動車事故のみならず、自転車事故についても思うことがありましたので、綴ってみましたのでご参考にして下さいね。

高齢者が乗車している事故は少なく、歩いている時が事故が多い

意外に思いましたが、高齢者が乗車している際の自転車事故って少ないんですね。

下記は警察庁のデータですが、65歳以上は全体の11%ですから割合としては確かにかなり少ない。

出典:警察庁

その代わり、歩いている時の自転車追突事故って65歳以上の年齢層が半数以上もありました。

つまり、65歳以上の年配者は歩いているだけで交通事故に合うリスクがこんなに高く、事故を起こしてしまうのはむしろ10歳~20歳代の若者で全体の54%もあります。

 

10歳代から20~30歳代の若者が、残念ながら圧倒的に事故を起こす割合としては多いんですね。

やはり若者は勢い余って、速度を出し過ぎてしまったり反射神経が優れているので、ある意味過信してしまうのも原因なのかなと思ったりするのですが、小学生から高校生のデータを見ると安全不確認という割合が一番多くあります。

つまり前方や左右確認をあまりしていないので、出会い頭に事故に合ってしまうという結果になっているということでしょうか。

我が家も小学生の子供がいますが、とてもじゃないけど一人で行かせられませんし、一度信号をしっかり見ていない状況も確認しているので、前方や左右確認と飛び出し注意はよく伝えています。

近年高齢ドライバーの事故も多く報道されていますが、出会い頭の自転車事故も気をつけたいものです。

 

高齢者と自転車衝突を防ぐために、進路を変える時はスピードを遅くする

 

ふだん自転車に多く乗ることがあるのでそう思いますが、本当に高齢者の方とすれ違う時はヒヤっとします。

若者や子供とすれ違う時はあまり感じないですが、70歳代くらいかな?と思う方達とすれ違う時はそれを感じるんですよね。

それである時はたと気が付きました。ああ、判断が遅くなる=脳の情報伝達のスピードが遅い、つまりこちらが相手の速度に合わせればいいんだ!と。

それからご老人達とすれ違う時は、スピードをかなり遅くしました。反応はかなり良く、相手とぶつかりそうになることが殆どなくなりました。

自分なりに考えた結果、ご老人は頭の情報伝達の老化に伴って身体の動きも遅くなります。その結果、反射神経が鈍くなり事故に合う確率が増える。

相手の速度に合わせて運転をすると、相手(高齢者)が、自転車が近づいてくるのを確認でき、どちらに避けたらいいのかと判断できます。

これは相手とすれ違う時だけでなく、細い路地から大通りに出る時も右左折する時も、共通のような感じがします。

明るい時間帯や見通しの良い場所なら問題ないかも知れませんが、日が昇り始める前の朝方や暗くなり始めの夕方なんて、特に危ないですよね。

とにかく右左折する時は、細心の注意を払ってスピードを緩めて走行する。現状できることはこのくらいでしょうか。

高齢者の交通事故は圧倒的に出合い頭の事故が多いらしく、正に運転する側のマナー一つにかかっているのではないでしょうか。

もちろん、交通事故は高齢者だけでなく若者や主婦などその他の年齢層も入っていますし、事故を起こさない、合わないためには全ての人に言えることですが、常に注意して運転したいものですね。

あと、スマホや飲み物を持って自転車に乗るのは、ぜったい止めましょう!!

実際に女子高生がその状態で、高齢者と激突しその方が高度障害や死亡してしまうリスクも起こっています。

おわりに

自転車などは身軽に運転できるので誰でも乗車できるのですが、大通りに出る時や右左折する時は出来るだけスピードを落とす。

また落とすことで、ぶつかった時の衝撃も和らげることができます。

あとはお年寄りには朝夕の散歩時には派手目の服を着たり、何か光るアイテムを付けて歩くと事故に合いいにくいというデータもあるようですから、身に着けて歩くことも事故から身を守る術と言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)