相模原【百笑の台所】サムゲタン以外のメニューは?食レポ

韓国料理をやっている相模原藤野にある百笑の台所に行ってきました。

こちらは料理を提供するだけでなく、夏は宿泊やバーベキュー、テニスなどもできる施設となっていて解放感のあるログハウス風のお店です。

店内に入るとすぐ受付があり、そこで事前に注文と支払いをするシステムとなっていたので、こちらで有名なサムゲタン参鶏湯とピビンパ、豚キムチ石焼を食べてきました。

冬場はキムチや韓国料理を食べると身体も温まりますよね。

藤野倶楽部 百笑いの台所の公式サイトを見たのですが不明なところも多く、メニューや訪れたや店内の様子など写真とともにお伝えします。

■店内は本や暖炉がある落ち着きのある癒し空間■

注文した後は好きなテーブルへ。

本棚に本や雑貨などが置いてあり、本やおもちゃなどもあるので小さなお子さんも退屈しないような配慮がされていました。

冬場も暖炉があったので周辺はとても暖かい。

■カウンタ―席なら一人で読書タイムも■

カウンター席からは外の景色が見えて、ゆっくり寛げる空間で一人で座っている人もいました。

■サムゲタンは鶏肉がとろける優しい味■

看板メニューのサムゲタンですが、夏目やにんにく、もち米が入った薄味の家庭的な味でした。

白米と酵素玄米の種類は選択制で酵素玄米は100円高く、お惣菜などがついて1,500円。

鶏肉がびっくりしてしまう程柔らかく溶けてしまうほどでした。

下は子供が注文したピビンバ1,000円ですが、熱くてなかなか食べられなかった様子。

特に添えられている唐辛子味噌がかなり辛い。

豚キムチ石焼1,200円は生卵も乗っていて、熱々ごはんと混ぜて食べると美味しい。

■敷地内にはニワトリやヤギなど動物も■

敷地内には動物たちもいるとのことで、ちょっと覗いてみたいなと思い彼らに会いに行ってきました。

建物隣の階段をどんどん降りていくと、その先にニワトリの小屋がありました。

なぜかこの日は勢いよく鳴いてくれたので、すぐに会いに行けました♪

金網ごしだったので、残念ながら全身は撮れなかったのですが、ふだん見れない体験は子供にとっても面白かったようです。

もう一つはヤギを見たいと思い、こちらも会いにいったのですが、現れたのは黒いヤギ!でした。

1匹しかいなくてこの日は遠くに座って寛いでいる黒ヤギさんでしたが、こちらに近づいてくれないかなあと思いながら、「こんにちは!来たよ。とか、元気?」とか相手にしていないだろうなと思いつつ、話かけていたのです。

しばらくするとこちらをじっと眺めているだけのヤギでしたが・・・

何と立ち上がり、こちらへ歩いてくるではないですか!!

餌でもくれると思ったのでしょうか。

結局、落ちていたキャベツの葉っぱをムシャムシャのんびりと食べに来ただけでした。

でも近づいてくれただけでも良かった笑

■食事の後は藤野やまなみ温泉へ■

さて、藤野倶楽部はやまなみ温泉と連携してて、温泉とセットで入れる割引券も発行されます。

せっかくなので温泉に立ち寄ってみることに。

車だと5分程度で車道を走らせると、少し古びた外観の建物がありました。

店内の自動販売機で券を購入し受付を済ませると、店内にはお土産やら休憩処もいくつかあり、外観よりは広くゆったりした印象でした。

・アメニティは各自用意した方がおトク

料金が安いからでしょうか、タオル類やクレンジングなどは持参しないと有料に。

浴場ではシャンプーやボディソープなどはありますが、ドライヤ―はあっても使い捨てのクシや備え付けの化粧水や保湿クリームなども置いてありませんので、気になる人は持参しましょう。

・泉質は風呂上りでも温かさが持続する

温泉宿のような快適さはありませんが、温泉の泉質は素晴らしい。

加水なしの源泉掛け流しという泉質はさすが!入浴後も身体はポカポカ。湯冷めしないで芯から温めてくれる感じでした。

設備全体では古さはありますが、泉質や露天風呂からの景色はかなり良かったです。

 

藤野倶楽部 百笑の台所

おわりに

都心にも比較的近く、緑の多い環境でゆっくり寛ぐのにおすすめなレストラン。

夏季はバーベキューやアウトドア、様々なイベントも開催されているようですので、お近くの人は何かと楽しめそうです。

百笑の湯、藤野やまなみ温泉の体験レポでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)