結局のところ子供の発達障害ってサプリで効果ある?検証まとめ

ちょっとしたことで怒る、衝動性があるなど子育てで困る。

たくさん食べさせようと思っても小食で食べない、食事も時間もかかるイライラが募る・・など子育て中は大変なことってあります。

成長とともに落ち着くこともあると思うのですが、そこに行くまでに悩んで疲弊してしまうこともありますよね。

普段の食事で気をつけている事やサプリメントで落ち着いたり、集中力が増した?など疑問に思う事をまとめてみましたので、困ったなと思う方の参考になればと思います。

 

■発達障害?幼少期の頃から少し困ったことがあった

身内ネタになりますが、幼稚園の頃から困った!と思うことがありました。発達障害と指摘されたことはないのですが、整理整頓など片付けが苦手、落ち着きがない・・など。何かに気をとられてしまうとそちらに走り寄ってしまったり、今やっている事を忘れることも。

指摘されていなくとも、親が困ってしまう点がれば、そもそも問題になりますよね。未就学前はまだ目立たないとしても小学生になれば今度は勉強がありますし、親がカバーしなければならない事も増えると困りごとが出来てしまうよねという訳です。

食事も好きなもの以外は食べたくない、どちらかと言えば偏食気味で魚とかもあまり食べてくれません。

魚と言えば頭を良くするDHAやEPAなどが豊富でサプリメントなども沢山ありますね。

しかしたまに刺身が出れば食べますが、煮魚とか焼き魚はもちろん基本火をつかったものは嫌い・・・困りました。

■魚などオメガ3の脂や食事、サプリメントを摂ると少し落ち着いた

頭の回転を良くしたり、脳の栄養に必要なものと言えば、オメガ3が豊富な青みの魚です。

こういったサプリメントは受験対策などでも利用されているようですが、頭を良くなるのではなく、本来の能力を最大限に引き出すという意味で摂るのがいいようですね。

でもそもそも魚が嫌いな子供に無理に魚を食べさせる訳にはいきません。

魚の栄養素といえば冒頭の脳の血流を良くするEPAやDHA、加えてストレスに対処したり神経伝達に必要なビタミン類なども含まれています。

もちろん魚だけではなく、牛肉や豚肉など肉類また納豆や卵、大豆など複合的に食べなければ偏ってしまうのですが、DHAなどは神経伝達物質の元になるものなので、不足しないようにしておきたいんですよね。

魚のサプリはいいとは思うのですが、子供に食べさせるのは水銀の問題もあるので、ちょっと躊躇してしまって現状まだ試してはいません^^;

・子供にサプリを与える時に注意したい点

我が家の場合、そんな困ったなという事がいくつかあり、ちょっと試してみるかな?と思ったのが子供向けサプリメント。今でも毎回ではないですが時々食べています。

というのも味が飽きるのか今日は食べたくないと言ったりするので、そういう時は無理に与えません。ただ食事やサプリメントを変えることで以前より少し落ち着いたかなという印象はあります。

落ち着きのない子供ほど【食事には気をつけるべき】その根拠とは

基本は食事で賄いたいと思っているので、魚をあまり食べていない時やちょっとバランス悪いかなという時に与える感じでいいと思っています。

大人も同じものばかり食べていると好物でも飽きますし、子どもにサプリメントを与える場合の注意点をまとめると以下がポイントになります。

・過剰摂取にならないようにする

大人もそうですがサプリメントで気になるのは特に子供の場合、過剰摂取になってしまうことですね。

基本的にサプリメントには摂取量は記されていますが、錠剤タイプではなくお菓子のグミのようなサプリメントもありますので、いくつも食べたがる場合は注意が必要ですね。

厚生労働省でも10代や子供向けもサプリメントについては、注意喚起をしているところもありますので。参考になります。

  1. 米国小児科学会は、さまざまな食品を食べている健康な子供や青少年にはマルチビタミン剤を推奨していません。2012年度の報告によると、マルチビタミン剤を摂取した子供では、摂取していない子供と比較して、鉄、亜鉛、銅、セレン、葉酸、ビタミンAやビタミンCを過剰摂取するリスクが高まります。しかし、マルチビタミン剤は、さまざまな食品を食べない子供では必要な場合があり、マルチビタミン剤を摂取しなかった子供は、ビタミンD、ビタミンEやカルシウムの量が少なくなることがわかっています。
 

 

■サプリメントだけに頼らず普段の食事を充実させる

難しく考える必要はないのですがなるべく無添加、有機栽培など厳選した素材など三度の食事が豊かなものであれば、サプリメントの必要性はそんなにないかと思いますが、最近は共働きの家庭も多くなかなか充実した食事を提供するのは難しいですよね。

買ってきたものを食べてもトータルでバランスが良ければそれで大丈夫だと思うようにしています☆彡

ただ外食回数が多い、子供がスナック菓子やカップ麺、パンなど食べることが多い場合は少し食生活を見直してみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)